中村創
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村創のWatchingTV!!

~中村創が気になるテレビの話~

ドラマスペシャル「ストレンジャー」中村創としてはちょっと不発www

ドラマスペシャル「ストレンジャー」。

 

原作は萩尾望都ポーの一族」。

厳密に言うと、「原作」ではなく「原案」。
なので、まぁドラマはドラマとして見た方が良いようです。

 


あらすじをざっくり・・・。
 
都内で、首を絞められた後に頸動脈に穴を開けられ、
血が抜かれるという殺人事件が立て続けに二件起きる。

刑事の佐伯章二(萩原聖人)らは、
シリアルキラーによる連続殺人事件も視野に入れながら捜査を継続する。


その頃、大きなスーツケースを抱えた男・三杉晃(香取慎吾)と
謎の美少女・真理亜(中条あやみ)が深夜バスから降り立つ。

 

古書店の店主・前島康夫(段田安則)のもとを訪ね、
“香織”という女性を迎えに来たと告げる三杉。

前島は、そう話す三杉の姿が鏡に映っていないことを指摘し
「気を抜くな」と忠告する。

 

一見普通の人間と何ら変わらない三杉たちだったが、
実はふたりには秘密が…。

 

彼らは歳をとらずに生き続ける不老不死、
バンパネラの一族だったのだ!

 

前島の勧めで三杉はかなり古びたマンションの一室を借り、
中学校で産休補助の英語教員として勤務し始める。

 

そして約束の夜、伊東香織(宮下かな子)を迎えに公園に向かった三杉だったが、
その途中で自殺を図った女性・相沢陽子(愛原実花)を
手当している間に香織が何者かに殺害されてしまう!

 

血は抜かれていなかったものの、
香織も連続殺人事件の被害者であると推測した佐伯は捜査を開始。

 

香織の身辺を探るうちに、
彼女が児童養護施設の出身であることがわかる。

 

そこで当時の様子を聞いた佐伯は、
香織の「大人になったら“お兄ちゃん”が迎えに来てくれるの」
という言葉が気になり…。

 

さらに、香織の言う“お兄ちゃん”が三杉のことではないかと考えた佐伯は、
三杉晃という人間について、
そして連続殺人事件との関連について調べ始める。

 

佐伯が自分たちの身辺を探っていることに勘付いた三杉は、
真理亜とともに事件の真犯人を見つけ出すことに…

 

やがて三杉のことを調べた佐伯は、衝撃的な事実を目の当たりにする…!

 

 

キャスト

三杉 晃(みすぎ・あきら)………香取慎吾
連続殺人事件の現場にたびたび姿を見せる謎の男性。
不老不死の肉体を持ち、永遠の時をさまよい続ける“バンパネラ”。
もともとは92年前、大正時代に医師として生きていたが、
最愛の妻と息子を失い、睡眠薬を飲んで自殺を図ろうとしたところを
ひとりの少女(=真理亜)に助けられ、以来、不老不死となる。
秘密を抱えたまま、真理亜とともに時代を超えて生き続け、
やってきた世界ではごく普通の人間と同じように生活をすることを心がけている。
生まれながらの“バンパネラ”ではなく、人間から変化したため、
ときに人間のときのような感情・記憶に支配されることも。
その純粋さと誠実な人柄、そして医師だったという過去から、
関わった人間を助けてしまうこともあり、
望まないながらも世に足跡を残してしまう。
その代わり“バンパネラ”一族が苦手とする
太陽の光や聖なるものの拒絶反応も薄く、
行動をともにする真理亜を助ける場面も多々ある。

 

真理亜(まりあ)………中条あやみ
三杉と行動をともにする謎の美少女。
不老不死の一族=“バンパネラ”の末裔。
この一族はいわゆる吸血族とは違い、
人間の生き血を吸わずとも指先からや口づけすることなどで生気を奪うことができる。
一族の中でももっとも濃い血を継承し、
永遠とも思える長い時間を生きる宿命を背負う。
太陽の光などが苦手という弱点も。
一族に迎えられるには、成人していることが条件であるが、
彼女は特別なケースとして、少女の段階で時を止められてしまった。

 

前島康夫(まえじま・やすお) ………段田安則
古書店の店主。
三杉と真理亜とは旧知の仲。
古書店を経営しながら、
一族について書かれた文献や資料を集めている。
三杉たちの住まいや経歴などを用意し、
彼らがこの世界で生きるための準備を整える。

 

熊谷明生(くまがい・あきお)………音尾琢真
佐伯の同僚刑事。
ともに連続殺人事件の容疑者を追う。
独断で三杉を追おうとする佐伯をたしなめる。

 

長井秀樹(ながい・ひでき)………菅原永二
連続殺人事件を担当している監察医
佐伯とは旧知の仲。

 

西崎汐里(にしざき・しおり)………玉井詩織ももいろクローバーZ)
都内で発生している連続殺人事件の被害者。

 

相沢陽子(あいざわ・ようこ)………愛原実花
自殺をしようとしているところを三杉に助けられる。

 

内田順平(うちだ・じゅんぺい)………小野武彦
連続殺人事件が起きている地区の管轄所轄警察署長。
あまりに頻発する事件に、自身の経歴に傷がつくことを恐れ、
容疑者逮捕を急ぐよう佐伯ら刑事を叱咤する。

 

稲村史郎(いなむら・しろう)………益岡徹
民俗学者の老人。
『私と三杉晃』という本を出版した稲村一郎の息子で、
父親の遺志を受け継ぎ三杉の調査を続けている。

 

佐伯章二(さえき・しょうじ)………萩原聖人
連続絞殺事件を追う刑事。
独断専行捜査を行うはみ出し者。
連続殺人事件の現場に頻繁に現れる三杉の正体が気になり、
独自に捜査を始める。

 

なかなか面白いキャスティングでした。

 

 

6歳の少女(伊東香織)が書いた似顔絵から
香取慎吾を思い出す萩原聖人

 

萩原聖人は連続殺人事件の遺体現場でも
血が流れていなかったのを見て、
「血を持ち去られたんじゃないか?」って言ってて…。

若干都合のいいような気もしましたがwww

普通だったら、
違う現場で殺されて発見場所に遺棄したと思うんだろうしwww


伊東香織は20歳の誕生日に待ち合わせをしていて、
待ち合わせをしていた人物の名前が「あきら」?

 

近くの駐車場で自殺未遂があり、
応急処置をした人物が・・・。

 

だから香取慎吾に医学の知識があれば、
自殺未遂があり応急処置をしていて、
伊藤香織と知り合いなら、
両方の事件が解決するんじゃないかと思った・・・。

ってことらしい。

 

そして、色々調べて、
「時を超えて生きる一族がいる。」とまで気付く。

 


犯人は宮本。

 

突然の宮本さん登場に一瞬「は?」ってなったけどwww
リュック男の同僚ってところかな。

 

宮本は支配され続けた母親を絞殺し、
冷凍保存をしていた。

そして、母親は吸血鬼って信じ込んでしまって、
母親の為に血液を集める。
母親を殺しても支配され続けていたんですね。

 

正直・・・。
連続殺人事件とバンパネラの秘密。

なんだか上手く噛み合わなかったような気がしてwww

 

香取慎吾がたかが100年しか生きていないとなると、
彼の過去を知っている人間がいてもおかしくない。

 

なのに、なぜずっと「三杉晃」の名前で過ごすのか。

今までどうやって生きてきたのかなぁ…。


不幸な事故で妻子を亡くし行方不明になった香取慎吾

22年後に稲村一郎に会い
「私と三杉晃」という本まで出版されちゃう。

しかも写真に写ってしまう。

 

んんん~。。。

一体どんな不幸な事故で妻子をなくしたのかな。

そして亡くした娘のように可愛がっていた伊藤香織。
彼女に娘の形見の髪飾りも渡していた。

 

自殺しようとした女性の命を救い、
会いたかった伊藤香織の命が奪われる。

 

 

「生きていることは奇跡。
そのことにどんな人間でも必ず気付く。」

 

確かになるほどねぇ…。

この作品の1番のメッセージはここかな。

 


香取慎吾バンパネラ役は微妙だったけど、
中条あやみは妖しい美しさもあり、
ヴィジュアル的には、バンパネラにハマっていたと思う。
演技力は要課題ですけねwww

 

萩原聖人の刑事の勘はある意味凄かったしwww
ポーの一族」のセリフも使っていたので、
おっ?と思う瞬間もあったし。

 


まぁ、サスペンスとしてはどうかなぁと思いますが、
2時間ドラマの枠としてはOKかなぁって感じでしたwww