中村創
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村創のWatchingTV!!

~中村創が気になるテレビの話~

中村創恒例「フラジャイル」ついに最終回~!!!!

ついに「フラジャイル」最終回~っっ!!
う~っっ。。。

ついに最終回になってしまったか…。

毎週楽しみにしていたから、
何だか寂しい気もしましたが…。

 

ぶっちゃけ何ともあっけない最終回www
まぁ、らしいと言えばらしいですけどねwww

 


あらすじはザックリこんな感じ…。

 

アミノ製薬の火箱直美(松井玲奈)から
新薬AM105の治験への協力を頼まれた岸京一郎(長瀬智也)は、
意外にもあっさりと承諾。

早速、火箱はAM105を直接、
使用することになる患者、松田幸司(小出恵介)の病室に持ち込む。

松田の担当医、稲垣大道(平山祐介)と宮崎智尋(武井咲)もいた。

その時、火箱と話の合う松田の様子に、宮崎は2人を友人にさせようとする。

 

一方、岸は火箱から預かったAM105の症例報告書を精査していた。
すると、気になる箇所が見つかる。

それは新東京医療センターでの症例だった。

患者は薬によって腫瘍が消えたことになっていたが、
退院後は受診していない。

岸は細木まどか(小雪)から森井久志(野村周平)が
この病院で働いていることを聞いていた。

帰り際の森井を待った岸は、患者の情報を教えて欲しいと頼む。

 

中熊薫(北大路欣也)は、アミノ製薬が怪しいことをしていると岸に忠告。
岸は火箱を呼んで、症例報告書が改ざんされているのではないかと問いただす。
しかし、火箱は否定。
すると、岸は森井に調べてもらった患者の件を火箱に伝える。
新東京医療センターで治験を受けて退院した患者は、
2日後に多臓器不全で亡くなっていたのだ。

 

傍らで話を聞いていた宮崎は、AM105の副作用を疑う。
信じがたい火箱だが、治験情報の全てを把握してはいない。
真相を知っているのは部長の間瀬辰人(髙嶋政宏)だけだ。
火箱は患者が本当に亡くなったのか確かめると飛び出した。

 


要するに、治験のデータ改ざんのお話ですね。

 

そして、皆がやめるように説得しているのに、
AM105にかけたい!っていう小出君…。

 

気持ちは分かるけどね…。
んんん~…。

 

やっても、やらなくても余命1ヶ月ならね…。
一か八かって気持ちだったんだろうなぁ…。

 

でも、やっぱり副作用で苦しんでいましたね。

 

しかも、小出君。
武井咲ちゃんのことが好きだとばっかり思っていたんですけどwww

 

なんとまぁ…松井さんとキス!!!!

これまたビックリしましたよwww

そっちかーい!!ってwww

 

 

そして、高嶋さん!!www
ある意味いい役ですねwww

データ改ざんの首謀者ってことですね。

 

長瀬君にも改ざんに協力しろって言ってきたり…。

 


で・・・。。。

 

結局、小出君が死亡。

だよね…。

 

ここから、高嶋さんをどうギャフンと言わせるのかなぁと思っていたら。

 

あれほど嫌がって行かなかった学会の発表!!!!

 

 

演題は「進行膵癌に対する化学療法と副作用」

 

「医者は薬が無けりゃ何もできない。」
「医師は薬のデータをよりどころにするしかない。」

 

そして、AM105の症例。

 

29歳男性。

 

急性膵炎を発症。
これは副作用の症例。

 

しかも、改ざんしろとか、
患者を治験の対象から外すとか言ってきた!!

 

これは、
「副作用隠蔽は製薬メーカーによる犯罪行為です!!」

 

この症例では患者が死亡した。
しかし、膨大な開発費と長い年月をかけた薬だから、
罪を犯すリスク以上のリターンがあった。

 

臨床医の道具を守るためには治療が必要です。

 


悔しそうな高嶋さん。

松井さんは製薬会社を辞めるそうですし…。

まぁ、これで松井さんのメンツも保たれたってことでしょうかねwww

 

 


そういえば、松井さんが何故あんなに薬にこだわっているのかの謎も解けましたし。
お兄ちゃんが若くして亡くなって…って感じで、
まぁ定番なパターンでしたけどwww

高嶋さんみたいに悪い奴ってワケでもないんですよ~ってことでwww

 

 

あっ、そうそう!!

忘れちゃいけない森井君!!www

 

長瀬君の学会の発表を聞いて…

「100%の診断ができるようになりたい。
自分が何をしたいか見つかった!」と…!!

 

「戻ってきてくれないか?
森井君じゃなきゃダメなんだ。」

 

うおぉぉぉ!!!!

 

やっぱり森井君じゃなけりゃね~www
ばんざーい!!

 

 

ん・・・?

 

でも医者になるって夢はやめたってことなのかなぁ。

 

んんんんん~~wwwww

 


なんだかとっても早い展開で…。

 

猛ダッシュで最終回~って感じでしたねwww

 

あっけないと言えばあっけないし。

 


しいて言うなれば…www

 

最終回は松井さんのシーンが多かったwww
ん~。
正直、苦手www

 

でも、咲ちゃんのシーンがすごく良かった!!

 

小出君が亡くなって、
「私に剖検をやらせて下さい!」って言うシーン。

 

涙を拭いて、キリっとした目で…。

なんて綺麗なんだろうと思いました…。

 

顔が可愛いとかタイプとか、そういう話じゃなくてね。
何というか…。
人間こういう時に魅力的に見えるんだろうなぁって。

 

それを演じられる彼女も凄いと思いましたし、
すっごく綺麗だったんですよ。

いつものオロオロしている姿から一皮むけたって言うか。

 

 

最終回の見どころは、

個人的にはそのシーンなんですけどwww

 

まぁ、実際は、長瀬君の演説でしょうかね。

おそらく、長い台本だったと思いますしwww
よく頑張ったーって感じですね!!


まぁ、医療ドラマの最終回ってこんなもんかなって気もしますが。

 

朗報としては、原作がまだ連載中ってことくらいでしょうかwww
続き作ってもいいと思うんだけどなぁ。

ちょっとだけ期待www