中村創
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中村創のWatchingTV!!

~中村創が気になるテレビの話~

フラジャイル第五話。関ジャニ安田君良かったね~!!

さてさて定番になってきましたwww
フラジャイル第5話。

 

もう毎週欠かさずみちゃってますねwww
わたくし中村創も医者でもないのに変な知識が…www

 

 

今回のフラジャイル第5話。
「余命1年の宣告通知
難病の青年の夢よ叶え
命を諦めない診断!
お金の有無で患者の未来が決まる!?
余命1年の青年・小早川に突き付けられた現実!
積極的な治療か、緩和ケア。
諦めかけた小早川に、語りかける岸の言葉とは??

 


ということで…。

 

今回の患者さんは関ジャニの安田君。

なかなかの演技でしたよ!!
違和感も無かったし。

 

しっかし、びっくりしたのは、
フラジャイル始まって以来の患者さんが死んじゃうパターン。

 


若いのに、ガンに侵されて緩和ケアに入る安田君。
自分の余命をニコニコ聞いている彼は、
見ていて心苦しいものがありましたね…。

 

保険のきかない医療法を、お金がないと諦めた彼。

 

お金の有る無しで人生が決まってしまう世の中…。

 

余命が限られているんだから、
後悔しないようにやりたいことをやれと言う緩和ケアの先生。

 

金が無いなら闇金でも何でも行って治療をしろと言う野村君。

 

野村君と緩和ケアの先生で言い合っている中、

長瀬君の登場。

 

心臓は動いてる。
手も足も動く。

 

「いま、生きてる」

 

君は今生きてる…。

 

私、危うく泣くところでしたけどね…。

 


死にたくはない。
でもお金が無いし、諦めてしまう…。

 

そんな気持ち、誰にでも分かることなのかもしれませんね。

 

もし自分が今、そんな状態になったら…。

 


結局、長瀬の一言で前向きに治療していく事を決めた安田君だったのですが。

 


ここからが問題なんですわ。。。


安田君は保育士さんだったんですけどね、

 

町で教え子に会い、
陸橋から「せんせ~」って手を振る子供が落下!!!!

 

母親は電話してて目を離していたんですね。

 

安田君、ダッシュで子供をキャッチ…。

 

したものの…。

 


急な死の展開に驚いてしまいました。

 

なんちゅう展開なんでしょうか…。

 


余命1年を前向きに生きようとしていた瞬間の急死。

 

 

てか、あの母親どーなってんだ!!

 

悲しい気持ちよりも、あの母親に怒りを感じてしまいました。

 

安田く~ん!!!
もうっっっっっ。
やりきれないですわ。。。

 

 

ちなみに、今回の話では、
野村周平君の昔話も明らかになりましたね。

 

やぱり医学部だったみたいですし。

 

私立大の医学部で3年生の時に家業が倒産し、
500万のお金が無かったために、大学を中退。

病院の奨学金で専門学校に行き、今の職に。
奨学金の返済が無い代わりに、
今の病院で6年働くことが条件…ってわけですね。

 

最後に安田君も言っていましたが、

なんだかんだ言いながら、
今のままでいるってことは、
それなりに今が気に入っているってことなんでしょうね。

 

嫌ならこれからだって医者になれますしね。

 


なんだか色々考えさせられる回だったように思います。


それに、安田君。
本当になかなか良かった!!
今後、ドラマ色々出てくるかなwww